寂しそうな子ども
大切なご家族を守る力になりたい   
日本一依頼者様ファーストな探偵事務所です。
お子様のいじめ問題の調査もできます。 Love&Free探偵事務所
Hope for Tomorrow

豊田相談室は浄水駅徒歩2分!

相談室の外観

必ず新しい明日へ希望を持たせます
お気軽にメールまたはお電話でご連絡ください
080-7262-2363 080-7262-2363
受付時間:7:00~24:00

News

いじめと探偵

お子様の様子に異変を感じたらお気軽にご相談ください。

ここでは、探偵が実際にいじめ調査の現場で見聞きしたいじめの現実を、できるだけリアルに再現し紹介します。そして、いじめられている子供、いじめる子供、親御さん、担任の先生など関係者の心の動きに至るまで可能な限りわかりやすく説明しました。調査対象となるいじめの被害生徒・児童の割合は、中学生が半分、高校生が3割、小学生が2割です。もちろん当事者のプライバシーに配慮し、固有名詞など、特定の個人が判別できる情報は排除し加工しましたが、この本に書いた出来事は、すべて真実です。

 

探偵にいじめ相談が来るのはなぜか?

いじめ事例では、ほとんどの場合、被害生徒本人は、そのことを周囲に相談しない。むしろ必死に隠す。親御さんも、子どもの異変に気づいてはいるが、一体何が起きているのかわからない。このような時は、事態を打開する上で探偵調査が非常に有効です。

そもそも探偵の仕事とは、依頼者の要望に沿って、調査する(=証拠を集める)ことである。依頼者が警察にも地域社会にも頼る人がいないと感じた事案に関して調査を行い、調査結果を依頼者に報告する。であれば、それがいじめ問題であっても、今日のいじめの実態、学校側の対応などを考えれば、探偵の仕事たり得ると私たちは考えています。

 

 

相談者の8~9割は、子どもの異変に気づいた親御さん

 

 2004年の調査を皮切りに、その後、首都圏のある探偵は250件に上るいじめ調査を行うことになる。振り返ってみれば、中学生の万引き強要など大したことではない。その後は、そう思わずにはいられないほどの凶悪ないじめ事案、売春強要、レイプに次々と遭遇する。ここでは、これまでに探偵が手がけた事例をもとに、探偵が介入する場合の、一般的ないじめ事案の発端から解決までの流れを示してみる。

 ここ数年、ある探偵事務所では電話によるいじめ相談を年間300件受ける。メールでの相談は200件を超えるので、合計500件に達する。前述の通り、いじめの内容は、仲間はずれ、友だちにからかわれるといったレベルのものから、大人なら確実に刑事責任を問われるような事案に至るまで、さまざまだ。探偵のアプローチは、そのいじめの凶悪性や、いじめを受けている子供の置かれた環境によっても異なる。だから、いじめ事案を受件したら探偵は一律にこう動くとは言えない。ここでは、いじめの中でも最も多い事案、同級生による暴力や物壊しを念頭にいじめ調査の流れを説明したい。

 暴力とは、そのものズバリ、加害生徒・児童が、被害生徒・児童を殴る、蹴ることでそれが頻繁に繰り返されるケースだ。物壊しとは、いじめられる子の持ち物を毀損する行為であり、教科書を汚す、破く、体操服を汚す、鞄に水を入れて水浸しにするなどの事例のことだ。もともと暴力行為は男子の間で多く見受けられたが、最近では、女子のケースも増えている。探偵事務所が相談を受ける暴力・物壊し事案における、当該生徒・児童の男女比は、つい最近まで、男7対女3で男子の比率が高かったが、今は男女半々で発生している。

 子どもが学校で何かされているのではないか?いじめの兆候となる子どもの異変に気づくのは、ほとんどの場合親御さんだ。探偵事務所にいじめの相談をしに来る人の8,9割がそういった親御さんで、残りが被害生徒・児童本人か担任の教師だ。

 相談者の大多数は親御さんなので、ここではまず、電話で相談してくる親御さんと探偵がどんなやりとりをするか説明しよう。

 今では、各探偵事務所がホームページでいじめ調査を行うと謳っている。ここ数年、それを見た親御さんが、事前に子どもと話し合うことなく、学校に相談せずに、探偵に電話してくるケースが急増した。しかし実際には、親御さんがちゃんと対応すれば、探偵の力を借りずに解決可能ないじめ事案も非常に多い。

 私の場合、親御さんが子どもと話し合い、学校にも相談し、十分手を尽くしたが進展がないケース、あるいは親そのものが頼りにならず子どもに危険が及ぶと判断したケースなど、特殊な事例しか調査しない。そうなると受件するいじめ調査の数は約30件と、相談件数全体の10分の1以下の数になる。 

 いじめの内容で最も多いのは、暴力と物壊しだが、このいじめ自体は昔からあった。しかし、昔の暴力は使い走りをしないから殴るなど、殴る側にも、横暴だがそれなりの理由があった。だが、今日の暴力的ないじめは、なぜそうなったのかよく理由がわからない。もう被害生徒・児童をオモチャにしているとしか思えないケースがある。この手のいじめは、年齢でいうと、小学校の高学年から始まり中学生が一番多い。

 ある探偵の中学時代にもこの手の暴力的ないじめは存在した。しかし、たいていは先生に見つかって、やった側が大目玉を食らう。いじめた子の親は謝って弁償する。それで話は終わっていた印象を持っている。ところが現在の学校では、このような昔からあったいじめをやめさせる仕組みが機能していない。あるいはそもそも存在しない。物を壊された側の親が、学校に申し出ても、担任から「自分でやったんじゃないの」と言われることすらある。このような学校側の対応が明らかになり、探偵が出ていく必要があると感じた場合は調査を受件するのだが、その前にやることがある。

 

いじめられている子どもが、その事実を隠そうとする

 

 いじめ相談の電話をかけてくる親御さんは、多くの場合興奮している。相談内容は「子どもがアザを作って帰る」「体操服が汚されている」などで、中には「娘が鼻血を流しながら学校から帰ってきた」と言うのもある。親御さんが「どうしたのか?」と尋ねても、いじめられている子どもはまず本当のことは言わない。「ちょっと転んだだけ」とか「なんでもない」と言って自分の部屋に閉じこもる。

 親御さんからの電話に出ると、まずはそういう話を聞かされる。しかし興奮している親御さんに、ではいつその異変に気づいたのか、子どもさんの何と何を目撃したのか、探偵が具体的に尋ねると、その時点でほとんどの親御さんの記憶は曖昧だ。

 そこで探偵は親御さんに対し「まず話をまとめましょう。お子さんに関して、今わかっていること、起きていることを一つひとつ書き出してみましょう」と言う。いじめ解決の第一歩は、いつ、どんな変化が子どもに現れたのか、そのすべてを記録しレポートを作ることだ。そして、これは親御さんの役目だ。このレポートを作成することで初めて、親御さんは学校に相談する材料ができる。また将来、探偵によるいじめ調査が必要になった場合もこのレポートは基礎資料として活きる。

 親御さんが学校の先生に相談する時に、ただ単に「私の子どもはいじめられている。被害者だ。ちゃんと確認して欲しい」とまくし立てても、先生はなかなか動けない。だから実際に何が起きているかを説明し、先生が動かざるを得ない状況だと示す必要がある。書類になっているだけで対応が変わる、というのが現実社会である。

 さらに探偵は、その親御さんが普段からいじめられているわが子とどのようなコミュニケーションを取っているか確認する。いきなり「お前、いじめられているだろう?」と親から問い詰められても、ほとんどの子は「はい」とは言わない。多くの子どもは必死にごまかす。

 そういう場合、探偵は親御さんに対し「いきなりいじめの話を出すのではなく、お子さんともっとコミュニケーションを取るように努めてください。その上で『どんなことがあっても、自分たちはお前の味方だよ』というメッセージをお子さんに伝えましょう」と話す。事実、子どもを守ってやれるのは親しかいないはずだ。

 探偵事務所に相談にやってきた親御さんに、こういうことを言うと、皆一様に複雑な表情になる。内心「そんなこと当たり前だろう」と思っているのだろう。しかし、普段子どもとはほとんどコミュニケーションを取らない親御さんが大多数だ。「クラスメイトは何人いますか」「お子さんの一番仲の良い友だちは誰ですか?」と聞いてもほとんどの親御さんは答えられない。

 こんな具合だから、探偵の助言に従って、親御さんが子どもに対するアプローチを変える努力をしても、短期間で親子関係が劇的に変わり、本人がいじめの事実を語り出す確率は非常に低い。 しかし中には、親御さんが積極的に子どもと話をするようになって、子どもの態度が変化することもある。それまで何も話さなかった子どもが「学校には行きたくない」と言い出し、「何で行きたくないの?」と尋ねると「殴られるから」「バカにされるから」と、いじめの事実を語りだすこともある。こういう変化がだいたい1割ぐらいの確率で起きる。

 子どもがいじめを告白しない場合でも、探偵は、親御さんに子どもの様子を記録してもらった上で、学校に相談するよう勧める。そして、実際にほとんどの親御さんが学校に相談するのだが、学校に出向く親御さんは少ないようだ。大多数が電話で担任に相談するかたちをとる。

 相談を受けた担任は、最初はだいたい「家で何かあったのではないですか」という反応を示す。しかし、いろいろと状況を説明すると(ここで資料が役に立つ)、担任の側も「では、確認しておきましょう」「よく見ておきます」と言い出す。中には生徒の自宅を訪ねて話をしたいという担任もいるが、そういう先生は全体の1%程度だ。

 保護者から、こういった類の相談を受けた先生の99%が「では、ふだんから様子をよく見ておきますね」と言って電話を切る。だがほとんどの場合、学校では何の変化も起きない。

 

つまり、学校側は有効ないじめ防止策を講じない。

 

そうなったら、いじめられている子ども本人がいじめの事実を告白しない状況では、これ以上の事態の進展を望むのは非常に難しい。

 

学校がちゃんと動けばいじめの6割は解決する。

 

 親御さんが子どもの異変についてのレポートを作って、それに基づいて学校にも相談した。それでも進展がない場合、探偵は子ども本人と面談する。ほとんどのケースで、子どもの家に出向いて話をする。もちろんこの面談は、親御さんの同意の下で行う。平日の夕方、依頼者宅を訪れることが多い。 

 突然現れた探偵を見て、子どもは「なんだ、この人」という顔をする。自分が探偵だということはこの時点で子どもにも説明する。しばらく親御さんと話し「じゃあ、ちょっと私が話してみましょうか」と言って、子どもと一対一で話をする。近くに親御さんがいると話しづらそうだと感じた場合は、その子の部屋に行く。時には外に出て歩きながら話す。

 最初はたわいもない話をしながら、探偵は本題に切り込んでいく。例えば、足を引きずりながら学校から帰ってくる子に対しては「きみは自分で転んだとか言っているけど、それがどれだけ不自然かわかる?」と尋ねる。そう言われると、ほとんどの子どもは黙る。その子に対して、探偵はこう語りかける。「このままだと、一生やられるよ…今ここで、いじめを認めて、いじめられないようにしないと一生やられるよ。」このままでいいやと感じるのか感じないのか、今、解決しようと思うか思わないか。探偵は、相手の年齢に関係なく同じように尋ねる。するとほとんどのケースで、本人が「実はいじめられている」と言い出す。そういう時、子どもは顔がクシャッとつぶれたような表情になる。ここで泣き出す子はほとんどいない。ただ、クシャッとなる。押し殺そうと努力している感情が顔に出てしまう。それは子どもらしい表情には見えない。

 子どもと2人きりで話し始めて、いじめられている事実を本人が認めるまで、3時間はかかるのが通例だ。それほど、いじめられている子どもの口は重い。いじめの事実を告白した後で「親が学校に相談していることも、学校が何もしてくれないことも知っていた。そのうち、いじめの対象が変わるかもしれないから、それまでの辛抱だと諦めていた」と言う子どももいる。

 ただ、一旦いじめられていることを認めると子どもは饒舌だ。それまでため込んでいたことを一気に吐き出す。この時、探偵はいつ誰に何をされたのか事細かく聞き出す。日付の記憶が曖昧な場合は、テレビの番組欄や学校の行事表などを頼りにしながら日付を特定する。事実を時系列で整理して、いじめの詳細な記録を作るのだ。当然、この時の会話は記録を残すために録音する。この作業はだいたい7時間くらいかかる。この7時間の間に、泣き出す子が時々いる。自分がされたことを思い出して悔し涙が溢れてくるのだ。

 本人の告白を得たら、今度はそれを資料としてまとめ、親御さんに提出する。この段階で、探偵の仕事は一旦終了する。尾行などの調査行為は行っていないから、探偵事務所では、この時点では料金は微々たるものしかいただかない。まる一日費やして仕事しているのに大した料金をもらわないのはおかしい、と思われるかもしれない。だが探偵事務所では、いじめ事案においては、調査員が実地に調査をしない限り、通常の調査料金は受け取らないのがポリシーだ。

 もちろん親御さんから要請があれば、その後も相談には乗るが、学校と交渉するのは親御さんの役目であって探偵の仕事ではない。

 探偵がまとめた資料を持って、親御さんは再び学校に相談する。今度は「本人が誰々さんにいじめられていると言っている。」という具体的事実を示して学校に対応策を求める。この時も、親御さんに特に要請されない限り、探偵が立ち会うことはない。基本的に、学校との親御さんの交渉に探偵はタッチしない。

 いじめられている子がいじめの事実を認めると、学校側の対応が大きく変わる場合がある。道徳の授業でいじめ問題をしつこく取り上げる。いじめられている子を保健室に隔離する、いじめている子を監視対象に置くなど、学校によって手法は様々だが具体的ないじめ防止策を講じようとする。探偵の経験から言うと、そういう変化が、全体の6割の学校で起きる。そして、いじめ自体が解消し始める。

 探偵は、学校が講ずる対策には関わらないので、後の様子は、子どもや親御さんからのメールや電話でしかわからない。だが、彼らの情報から、学校で着実な変化が起きた事実が伝わってくる。「先生がしっかり動いてくれて、いじめていた子も謝って、いじめ自体がなくなった。」とメールをくれた高校生もいた。 これはとても嬉しい報告です。

 結論として、いじめの被害生徒・児童本人がちゃんと真実を語れば、いじめの6割はその時点で解決のメドが立ち、探偵の仕事は終わる。では、探偵の仕事が継続するケースとは?

 一つには、どうしても子どもが本当のことを言わない場合。そして、これが問題なのだが、子どもがいじめられていると告白しても有効な手立てを学校が講じない場合である。

(つづく)

 

 

Love&Free探偵事務所では、学校でのいじめ調査に適した最新機器の貸し出しも行い、証拠確保をお手伝いしています。

浮気調査等で得たノウハウを活かして、大切な命を守るお手伝いをしていきます。我が子のかけがえのなさは理解しているつもりです。

 

探偵調査がお子様の現状を助ける第一歩になることを、これからも目指していこうと心に誓います。

 

 

Love&Free探偵事務所の相談員は勇気を出して一歩踏み出そうとしている依頼者様の心に寄り添い、最善の対策をご一緒に考えさせていただき、調査後も相談に乗っています。大切なご家族が人生の岐路に立っているかもしれない大切な時期にお仕事をさせていただくことで、深い絆のようなものが生まれることも多々あります。依頼者様のご家族が弊社の調査結果により、新しい人生に明るい希望を持った気持ちで巣立っていかれることが最高のやりがいです。

 

 

Love&Free探偵事務所の探偵調査員は百戦錬磨の経験とスキルを持って依頼者様のために動いています。

 

Love&Free探偵事務所は常に依頼者様ファーストを心がけています。

 

絶対的に勝てる証拠収集を現場で行うと同時並行して、依頼者様の心に寄り添い、どうしたら依頼者様が未来を幸せに暮らしていけるのかを一緒に考えていく探偵がLove&Free探偵事務所です。まずはお気軽にご相談ください。

 

 

(「いじめと探偵」 幻冬舎新書・阿部泰尚著 から一部引用させていただいています)

 

 

日本一善良な探偵事務所です

これまでに多種多様な案件の依頼を請け負い、結果を出してきた実績がございますので、浮気不倫調査安心してお任せいただけます。ご要望をじっくりとヒアリングし、適切に調べ上げ、きちんと報告します。

能力の高い探偵をお探しではありませんか
Check!
経験と知識を活かしています
豊富な実績と実力を有する調査員が在籍しており、ご依頼者様から高い評価を頂戴します
Point1

確かなノウハウを持つ探偵

浮気不倫調査を専門的に請け負っている探偵として知られていますので、少しでも気になることがございましたらぜひご相談ください。じっくりとヒアリングを行い、細かいご要望にもお応えいたします。

Point2

フレキシブルに対応いたします

ご相談者様・ご依頼者様のお力になれるよう、ご要望に応じて柔軟にお調べしています。「離婚に向けて証拠を揃えたい」「しっかり話し合って関係を戻したい」など、様々なお考えを尊重いたします。もちろん、調査費用には不倫相手の特定、素行情報まで最大限の情報収集が含まれます。

Point3

悩みごとをしっかりと伺います

不倫浮気調査に特化している経験豊富な探偵がしっかりと事実を突き止め、証拠を押さえますので、まずは気軽に相談してみませんか。現在の状況についてじっくりとヒアリングを行い、方向性を明確にしてまいります。

Access

愛知県豊田市名古屋市、常滑市を中心とした周辺地域のお客様からご依頼を多数承っています

概要

店舗名 Love&Free探偵事務所
住所 愛知県常滑市新田町4-83
代表 竹内 昭弘
電話番号 080-7262-2363
受付時間 7:00~24:00
(メールによるお問い合わせは24時間受け付けております。)
調査地域 豊田市名古屋市、常滑市を中心に近隣の各地域
全国どこへでも調査いたします
届出番号 愛知県公安委員会 第54210074号

アクセス

土地勘のある豊田市名古屋市、常滑市で生活する方々の助けになれるよう、百戦錬磨の探偵調査員が全力で調査致します。お悩みに寄り添った丁寧で誠実な対応や、法的に勝てる着実な証拠集め、万全のアフターフォローが強みです。多くの問題を解決してきた相談員がご相談を伺います。もちろん愛知県内に関わらず全国どこへでも出向き、調査いたします。
Toyota

豊田市内にも相談室を設けています。お気軽にお問い合わせください。

相談室の外観写真
店舗名 Love&Free探偵事務所 豊田相談室
住所 愛知県豊田市浄水町伊保原354-1 ゼスタ浄水タワー内
Nagoya

名古屋市内の調査安心してお任せください。最高層のマンション内でセキュリティ対策万全にご相談いただけます。

名古屋駅からタクシーでワンメーターです。「ナゴヤザタワーまで」とお伝えください。徒歩ですと約11分くらいでしょうか。まずは面談の予約を入れてからお越しください。
誰にも気づかれずに安心してご相談いただける環境を用意いたしました。
名古屋市内相談室付近
店舗名 Love&Free探偵事務所 (竹内昭弘困り事相談室)
住所 名古屋市中村区名駅南2丁目702番1 Nagoya the tower内
お電話またはメールでご連絡ください
080-7262-2363 080-7262-2363
受付時間:7:00~24:00
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事